週末にはのんびりたのしく喜多見柚の話をしよう!

喜多見柚との出会いに関する手記

 こんにちは。喜多見柚担当のすずみー(@SuzumyeeeeP)と申します。

 #喜多見さんを語りたい ということで、今回は自分と喜多見柚の出会いについて語りつつ。「喜多見柚」について自分で思っていることについて、拙い文章ですがお話をさせていただきます(モバマスはまだ始めて一週間にも満たないので、基本的にはデレステの世界線上での話となりますのでご注意を!)。

 まず、彼女との出会いの前に、自分がアイマスにハマったところからお話しします。

 実は自分がアイマスをちゃんと知ったのは、実は2年前なんです。

 デレステがリリースされた時からやっている響子Pである友人からその話をよく聞かされていたので、「アイドルマスター」というもの自体は中学1年生から知っていました。よくCDアルバムの写真を見せつけてきては「この中だと誰が一番いい?」と、良く勧められていたので(笑)ちなみにその友人は今、デレステはほぼ引退しており、ミリオンで律子Pをしていますが、響子の新曲が来た時はよく自分にCDを送ってきます。

 そんな中、たまたまアニマス(765)を見て感激し、アニマス(シンデレラ)を見て号泣し、シン劇を見て爆笑し、今ではすっかりとアイマス沼に浸かっているわけです。特にデレアニはこの2年間で10回以上は見返してますね。サントラも買いました。実はアニメの2話でフリスクが出ていたりします。

 そして某Pのガチャ動画を見て、面白そうだなと思い、デレステを始めることにしました。

 アニデレ時代、私はみくPで(キャラクターと中の人がとても好きだった)、みくを育てることを考えつつも、その時たまたまあった1回無料ガチャを引いて、[ハイテンションスマッシュ]喜多見柚に出会いました。

 最初からSSRということもあり、まだSRさえもちゃんと揃っていなかったので、その後出たみくのSSRと一緒にプロデュースを進めていました(なお、いまだにみくは副担当としてプロデュースしている)。

 柚の良さに気づき始めたのは、デレステを始めてから一年ぐらい経った頃だと思います。

 ある程度イベントを進め、スタミナ回復がてらに担当しているアイドル達のコミュを一から見直していた時に、メモリアルや特訓エピソードを見返していくうちに、「あれ?この子こんないい子だったのか?」と思い始め、気が付いたらメイン担当になっていました。 今では自分の事務所のファン人数をぶっちぎっています。

 ここで少し持論が出てしまいますがお許しを。

 自分は、アイドルとPの関係に恋愛感情を持たせることがとても苦手です。なぜなら自分はPであり、アイドルを輝かせるための「支え」であり、「礎」にならなければならない。一個人の感情だけでアイドルを振り回してはならないと思ってしまうんです。

 なのでアイドルを性的に見ることすらできません。本来ならそういう風に見ることができないと、彼女の魅力というものが明確に見出せないのかもしれませんが。

 一時期はPとアイドルがイチャイチャする同人誌でさえ苦手でした。今では「この本に出てくるアイドルは事務所のアイドルではない」と思って全年齢版は読むことができていますが、そっち系は本当にダメです。 つまり何が言いたいのかというと、そんな自分に対して。あまり恋愛感情を表に出すことなく、そしていつも明るく元気をモットーに、でも時には真面目である柚の姿に、自分は引き込まれたのだと思います。いたずら好きで、でもいつも元気で笑顔を振りまいてくれる。そんな「The パッション」なアイドルである柚。これからも全力でプロデュースしていきたいと思います。

 後、柚のせいで「前髪ぱっつんキャラ」という性癖を植え付けられました。他のゲームやアニメでも前髪ぱっつんキャラを推すようになってしまいました。本当にずるいよ柚。

 以上長くなってしまいましたが、喜多見柚との出会いについて語らせていただきました。ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!
>WeekendYuzu

WeekendYuzu

アイドルマスターシンデレラガールズの喜多見柚ちゃんについての非公式ファンサイトです。週末には柚の話がしたいキャンペーン #WeekendYuzu を中心に、柚ちゃん情報をまとめています。

CTR IMG